オンライン英会話で『職場の同僚への自己紹介』ができるようになる!【レアジョブ・ビジネスコース レベル3】

レアジョブ

この記事では、私が学んだビジネス英会話について、アウトプットしていこうと思います。

インプットは主にレアジョブ英会話の実践英会話コースからきていて、そちらのレビューと私の受講復習的な意味合いも兼ねています。

受講を考えている方は、こういう事が学べるので参考にして頂ければと思います。

職場の同僚へ自己紹介をする際のビジネスシーン

外資系企業に勤めていると、外国人と一緒に働くケースというのが結構あります。

私はエンジニア職で勤務していますが、同じチームにインド人やアメリカ人の同僚のエンジニアがいて、技術調査を依頼したり、レビューを依頼したりするシーンがあります。

このような時は、まず自己紹介をして、信頼関係を築いていく事が大事です。

ビジネスシーンであれば、そこまで難しい英語を使う必要はなく、適切なシーンで適切な構文を取り出して使えるか大事です。

ここでは具体例を見ていきましょう。

初めて会った同僚に挨拶をする

(30代・女性)
Nami

Good morning. My name is Nami. It’s my first day today.

(30代・男性)
Kenroh

Pleased to meet you, Nami,

My name is Kenroh. This is Maha. We are coworkers. 

 

このような感じです。中学生レベルの構文ですが、『My name is ○○(名前)』、『This is ○○(同僚)』、『We are coworker』、という構文は良く使うので覚えましょう。

同僚に自己紹介をする

そのまま、自己紹介をしていきましょう。

よくある世間話として、『出身について話す』という事があります。日本人同士でも、まずは当たり障りの無い会話をして様子を探るという事はありますよね?

(30代・男性)
Kenroh

Are you from Tokyo?

(30代・女性)
Nami

Yes, I am from Tokyo/No, I am not from Tokyo.

このような感じです。相手の出身地を確認する構文として、『Are you from ○○(出身地)』、その確認への回答として『Yes, I am from○○(出身地)』、『No, I am not from ○○(出身地)』、という構文は良く使うので覚えましょう。

また、趣味を紹介する事も有効です。

(30代・男性)
Kenroh

I like watching on Netflix.

 

私は講義の中で、I like watching on Netflix.私は前置詞をonではなく、Theにしてしまいました。

間違えやすいので注意しましょう。

同僚へのWelcome Email(歓迎メール)を送る

英語圏では、ウェルカム Emailというのもあるようです。レアジョブ英会話によると、新しいチームメイトを歓迎したいが、その方法がわからないケースにメールでそれを聞くという事らしいです。

因みに、私は直接口頭で話す方がbetterだと思います。

例えば、今回のケースだと次のような感じです。

Hi, Nami!
Welcome to the Professional Service team.

We are pleased to work with you.

You will certainly enjoy working with our team.

and You will definitely enjoy working here.
Good luck!
Kenroh

黄色マーカー…重要単語

  • pleased…喜んで/嬉しい
  • certainly…確かに
  • definitely…必ず

Welcome to ○○(部門名)』で、私たちの部門へようこそ、『We are pleased to work with you』で私たちはあなたと一緒に働けて嬉しい、『You will definitely enjoy working here』であなたは必ずここで楽しく働けるでしょう、になります。

これらの構文を使う頻度は私はあまり高くないですが、

例えば、部門長が新しく入ってきた中途社員に掛ける言葉としては良いと思います。

覚えておきましょう。

同僚に質問をする

中学生レベルの基本構文ですが、良く使われる構文です。

(30代・男性)
kenroh

Do you like golf?/

Do you drive to the office?

(30代・女性)
nami

Yes I do./No I don’t

Do you ○○』で、あなたは○○しますか?、あなたは○○ですか?という意味です。

これは、中学生レベルの質問構文ですが、よく使う基本表現なので、抑えておくべきです。

『職場の同僚への自己紹介』ビジネスシーンまとめ

この記事では、職場の同僚への自己紹介のビジネスシーンで使われる英語について、解説しました。

この記事の内容は、レアジョブ英会話の実践ビジネスコース レベル3で学ぶ事ができます。

  • ビジネスシーンでは、英語で同僚に自己紹介をするシーンは多い
  • 初めて会った同僚に挨拶をする
  • 同僚に自己紹介をする
  • 同僚へのWelcome Email(歓迎メール)を送る
  • 同僚へ質問をする

オンライン英会話を受講して、ビジネスで英語を使えるようになろう!

オンライン英会話では実際の講師と生きた英会話をする事ができ、これは英会話の上達や、ビジネスシーンで英語を使えるようになる上でとても重要です。

TOEICの点数が高くても、as英語が喋れない人が沢山いるのはこのためです。

もし仕事で英語を使いたいという人や、外資系企業で働きたいという人は、一度オンライン英会話を受講してみる事をおすすめします。

今ならお試しで無料受講する事ができるので、ぜひ申し込んで試してみてください。

関連ページ(外部リンク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました