【キャリア転職】ビジネスパーソン向けSNS『Linkedin』の正しい使い方・活用法【外資系転職】

キャリア・転職

LinkedinっていうSNSが良いって聞いたんだけど、評判はどうなんだろう。

Linkedinはビジネスパーソンなら登録しておくのがおすすめ。このSNSを通じてヘッドハンティングが来る事もあるし、自分の経歴、職歴の棚卸しにも役に立つよ。

今すぐ転職を考えていなくても、ぜひこの記事を読んで登録しておこう

Linkedinとは

皆さんはLinkedinという言葉を聞いたことがありますか?

Linkedinとは、全世界で6億人を超えるユーザー数を誇る、ビジネス向けのソーシャルメディアです。

日本での登録者数も200万人以上にのぼります。

海外ではビジネスパーソンはLinkedinを活用する事が普通ですし、Linkedinを使ったダイレクトリクルーティングも活発に行われています。

実際、私はこのLinkedin経由で企業の選考を受けてオファーを貰った事もありますし、今でも企業の採用担当や転職エージェントなどから連絡を貰う事があります。

Linkedinの仕組み

Linkedinに登録するメリット

それでは、Linkedinに登録するメリットを紹介します。

ヘッドハンティングの連絡が来る事がある

まず、一番のメリットはヘッドハンティングの連絡が来る事があります。

特に外資系企業や、今伸びているベンチャー・スタートアップ企業などが多いです。

上で説明した通り、海外ではこういったSNSを通じてダイレクトリクルーティングを行う事は普通です。

外資系企業の採用担当者や、転職エージェントなどは常にLinkedinをチェックし、有力な転職者が居ないかをチェックしています。

実際に私はLinkedinに登録していますが、定期的にメッセージが届きます。

このように、メッセージが来ます。

もちろん全てのメッセージが自分に合ったものでは無いですし、選考に行くわけでもないですが、

自分の知らない企業からメッセージが来る事もあるので、自分にとって良い話が舞い込んで来るチャンスもあります。

また、企業の担当者から直接オファーを貰う場合、転職エージェントの手数料が掛からないので、

自分で年収交渉ができれば、年収を高くできたり、サインアップボーナスが貰えたりします。

自分のキャリアの棚卸しができる

次に、自分のキャリアの棚卸しができる点です。

LinkedinはFacebookやTwitterなどのSNSと異なり、ビジネス向けに作られています。

自分のプロフィール欄にきちんと経歴・職歴を登録しておく必要があるわけです。

これにより、自分が今までどんな経験を積んできたのかが整理して考えられるし、

これから先、どのようなキャリアを積みたいか振り返る機会になります。

Linkedinに登録を考えている方は、ぜひ自分のキャリアを振り返り、

職歴や資格などを棚卸しして登録しておきましょう。

因みに外資系企業を狙うのであれば、英語で記載しておくのがおすすめです。

もし、英語のスキルが心許ないのであれば、レアジョブ英会話などで底上げしておくことをおすすめします。

レアジョブ英会話は私も使っているのですが、継続して英語のスキルを上げていく事におすすめです。

こちらの記事でレアジョブ英会話について紹介しているので、外資系企業を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話”レアジョブ”の評判は?価格・手数料・費用・使い方について実際に使ってみてレビュー

市場にどんな求人や求職者が居るのかがわかる

最後は、自分の所属会社以外の市況が見える事や、つながりが見える化される事です。

Linkedinを使うと自分の会社の同僚や、今まで一緒に仕事をしていた人達とつながりを持つことができます。

このような繋がりが可視化されることで、新しい繋がりが生まれたりする事があります。

私もそうでしたが、一つの会社にいると中々他の会社の事や、

転職市場でどのような人が求められているのかはわからないものです。

私は昔ながらの日系大手企業にいましたが、基本的には終身雇用的な考え方が主流です。

その為、他社を含めた自分の市場価値がどの辺にあるのかが知りにくいです。

なので、LinkedinのようなSNSに登録して他社の人と繋がっておくのはとても良いと思います。

他社からLinkedin経由で出ている求人情報(特に外資系が多い)も閲覧する事ができるので、行きたい会社がある人はLinkedinで求人状況をチェックしておくのもいいですね。

ビジネスパーソン向けSNS『Linkedin』まとめ

  • ビジネス向けSNS『Linkedin』は海外では採用の為によく使われている
  • Linkedinに登録しておくと、ヘッドハンティングの可能性が高まる
  • Linkedinに登録する事で、自身の経歴が整理できる
  • 他のビジネスパーソンとつながりができる

Linkedin以外のサービスも活用しましょう

ここまでビジネス向けSNS『Linkedin』のご紹介をしました。

ただ、登録しても必ずしも自分に合った企業からお誘いが来るわけではないですし、

ヘッドハンティングされるだけの経歴に自信が無いという人も居ると思います。

そういう場合は、転職エージェントなどに相談してみるのもおすすめです。

また、転職エージェントに登録し、エージェントと情報交換をしておくことは、最終的に転職する/しないに関わらず、自分にとってメリットがあります。

私の実経験ベースだと、外資系企業への転職は『JACリクルートメント』がおすすめです。

日本企業も含めるのであれば、『マイナビエージェント』がおすすめです。

担当のエージェントとの相性もありますが、基本的に大手で実績のあるエージェント企業は求人の数も多く、総合的には優秀なエージェントが多いため、まず登録しておいて損は無いと思います。

私も一回目の転職は『マイナビエージェント』経由で転職し、2回目の転職では『JACリクルートメント』のコンサルタントにお世話になりました。

また、私が今までの経験で使ってみておすすめできる転職サービスも紹介しています。参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました